ママ活募集コラム

ママ活 コロナの影響で仕事激減・・・・

みなさん、ママ活していますか?

 

僕は今、ちょっとした問題に直面してて困り果てていたところです。

 

ここ最近、新型コロナウィルスでテレビも新聞もネットも沸いていますよね。

そのコロナですが、多くの人や企業に大打撃を与えているわけですが、ママ活の端くれである僕にもコロナの影響が差し迫ってきているのです。

 

というのも、

 

ママ活をしている女性のおよそ半分(僕統計)が既婚者で子持ちの主婦だったりします。

 

この主婦たちは子供たちの春休み・夏休み・冬休みはママ活をお休みする傾向にあるのでこの時期のママ活は激減するんです。毎年。今年も例外なく。

 

子供たちの長期休暇は僕にどうすることもできないので仕方ないと諦めていたのですが、今、新型コロナウィルスによって3月2日~学校が休みになりましたね!!

 

「2週間」と言っていましたが、この2週間後はまさに春休みで現在学校を休んでいる子供たちのほとんどがそのまま春休みに突入し、トータルで一か月以上学校が無い状態となります。

 

共働きをしている親御さんも「本当に大変です」なんて言っていましたが、ママ活をしている僕もまさに「本当に大変」なんです!!

 

僕が現在囲っているママは3名。(地方を入れるともう少し多いです)。

 

この3名いずれも小中学生のお子さんを持つママなのです(笑)

 

新型コロナにより3月2日から学校を休みに~」のニュースが飛び交ったあの日試しに3名にラインを送ってみました。

 

<Aさん>

僕:こんにちは!コロナで騒いでいますが、大丈夫ですか??

Aさん:全然大丈夫じゃない!学校休みと言ってもまだ1年生だし、留守番できないから暫くパート休まないと厳しいよ!

僕:それは・・・

Aさん:パートもだけど、どこも行けないよ~。じじばば遠いし。本当どうしよう。

僕:とりあえず落ち着きましょう!

Aさん:コロナめ…!

僕:ではまたほとぼり冷めた頃に連絡しますね。

Aさん:本当ごめんね、学校始まればまたご飯とか行けるから( ノД`)ごめんね~!

僕:楽しみにしてます!

 

といった具合に、Aさんのお宅は1年生のお子さんがいるので自分自身もパートを休まないといけない状態。

 

そんな状態で「ママ活しましょうよ!食事ご馳走してくださいよ!」なんて言えるわけもありません。何よりも、小さいお子さんを1人にさせる事程危険な事はありません。仕方ない。

 

続いてBさんにも連絡をしました。

<Bさん>

僕:こんにちは~!コロナ、大丈夫ですか?(´;ω;`)

Bさん:はいこんにちは♪うちは大丈夫なんだけど、卒業式は行けないの。悲しいね。楽しみだったのにね。

僕:あの日、テレビで泣いてた先生を見たけどこちらも貰い泣きするところでした。

Bさん:6年間頑張ったのにね。本当に寂しいわ。

僕:Bさん仕事は??

Bさん:うちは時々祖母に来て貰えるんだけど、他の人が休みになってしまった分こちらもサポートしなきゃいけないので休みが少なくなってしまったの。

僕:では、また落ち着いたころにラインしますね!

Bさん:本当ごめんね、こちらも出られそうな時に連絡するわ。休みがまだ決まってない状態なのもきついけど、まぁ、何とかなるわね!

 

という具合で断られてしまいました(泣)!!!Bさんのお宅は6年生のお子さんがいるようですが、1人で留守番が出来る年齢でも自分の休みが確保できないかもしれないというママもいるわけです。

 

パートではない、と言ってたような気がするのですが確かに他の人が休みを取るとなれば周囲がサポートに入らないといけない状況、わかります。小さいお子さんが居ないから大丈夫という事はないようです。

 

そして最後にCさんにも連絡をしてみました。Cさんとは割と頻繁・・・というか1日2回はラインを交換しています。

 

因みにこの人は独身のキャリアウーマンです。ですので、「子供が休みで~」といった心配はないだろうと高をくくっていたのですが・・・

<Cさん>

僕:おはようございまーす!

Cさん:ねぇ!!!ちょっと!!あんたのところは自宅待機になった!?

僕:いえ、そんな都合の良い話は(泣)

Cさん:私達自宅待機になったのよ!!ラッキー☆って思うじゃない?でもね、出ない方がいいから!

僕:目に見えないものほど怖いものはないですよね~・・・

Cさん:本当それな。

Cさん:どうしようかなーって考えたんだけど、とりあえず今ネットフリックス垂れ流して暮れに出来なかった大掃除しているわ(笑)

僕:有意義な時間の使い方(笑)

Cさん:本当は今すぐにでも会いたいんだけど、自宅待機でコロナ感染とかになったら話にならないから我慢しとくわ。

僕:解除されたらご飯いける??

Cさん:解除された時、この上なく忙しくなることが予想される。

僕:なんと!!!

Cさん:まだどうなるかわからないんだけどね、折り合い見てラインするから大丈夫よ^^

僕:よろしくお願いしますよ~(*´人‘*)

Cさん:はいはい(笑)事態が収束したら美味しいもの食べに行きましょ^^

僕:期待してます!!

 

お子さんがいなくてもコロナの影響がマジであっちこっちに出ている!!そうです、自宅待機という企業も存在しているのです。全ての企業ではなく、自宅待機している企業はまだそんなに多くないだろうけど大手などは続々と・・・。

 

Cさんもまさに自宅待機組です。そのため、やっぱり「自宅で待っててね~☆」を忠実に守っています。ここで感染してしまったら何のための自宅待機なのかわからなくなってしまう、わかる。

 

というわけで、この春の僕のママ活予定は全てパーになってしまったわけです・・・。

 

実は先月末に新しいママと食事に行く予定だったのですが、このママも突然「ごめんなさい!」となりました。

 

その理由はもう言わずもがな“今この時期に外食に出る事のリスクを考えたら、もう少し後にした方が良いと思ったので”とこれまた丁寧にお断りのラインが入っていたのです。

 

というわけで、先月半ば~今日に至るまでほとんどママ活が出来ていない状態が続いています。

 

上記の3名は割と近くに住んでいるママたちで、結構な頻度でママ活をしていたメンバーなのです。

 

地方に住んでいるママにはまだ連絡を取っていないのですが、小中高全国的に休みに入っている今、どの地方に住んでいるママに連絡をしても結果は同じだと思われます。

 

目に見えないものの怖さ、改めて思い知らされました(笑)

 

いえ、目に見えても去年のような巨大な台風も怖かったんですけど!!

 

とりあえず、全国的にコロナに感染しないように努めている今、僕も不要な外出を控えてみようかなぁと思います。ひきこもる、これが一番の予防策だと僕もそう思えてきました(笑)

 

元々不安定なママ活が、今ちょっとだけ安定していないだけと思えば。

 

コレを読んでいる人で、今からママ活を始めてみよう!と思える人はいないと思います。今、ママ活もそうですが恐らくパパ活も似たような状況になっているのではないかと予想されます。

 

・・・が、男性(パパ)の場合女性(ママ)よりも割と自由に動けるのかな。どうなんだろう。パパ活は良く知らんけど。

 

既にママ活をしている人も、“今はその時期ではない”とちょっとママ活を休止して他の事を始めてみるのもオススメです。因みに僕はこの事態が収束するまではドラ〇エで遊ぼうと思っています(笑)

 

他にも山積みになっている本やらゲームが沢山あるのでちょっと今は趣味に時間を費やしてみようかな。

 

ママ活募集サイト暮らしTOPへ